30代男の体臭ケア

自分の臭いが気になりだした30代男の体臭改善サイト

*

私が意識している夏の体臭を軽減するための2つの汗対策!

海でジャンプしている男

この記事を書いたのが7月の末です。ジメジメした梅雨も過ぎ、本格的な夏本番です。

連日35度以上猛暑日が続き、何もしなくてもワキや顔からダラダラ汗が吹き出てきますよね。

そうするとこの時期特に気になるのが体臭です!汗を大量にかくので当然臭いもきつくなります!

特に30代過ぎてくると汗臭さだけでなく、女性の大嫌いなミドル脂臭も出ますので、スメハラなんて言われないように気をつけたいものです。

自分は気にしてなくても他人には迷惑かかってるかもしれないので、しっかり意識して汗、体臭対策しておかないと危険です!

自分には関係ないと思っている人も1度チェックしてみて下さい。

30代から要注意!体臭チェックリスト10項目!
あれっ?俺って臭くない?と思っている方、また全然自覚症状がない方も、30際過ぎてきたら体臭には要注意ですよ! 30代から45歳頃をピークに臭い出すミドル脂臭はジアセチ

今回は暑い夏の体臭を軽減するための汗対策を紹介します!

この時期は本当に気を使っていきましょう。

【sponsored link】

体臭を軽減するための汗対策

うちわで扇いでいる男性

まず、夏は暑いものです!

チューブが聞きたくなる、プールや海に行きたくなる、花火を見たくなる、恋をしたくなる、汗をかくのは仕方ありません^o^

人は動いていれば当然、何もしなくても汗をかきます。これはどうしようもないんですよね!というか体温を調節したり人間にとっては必要なことなんです!

じゃーどうするか?

梅雨時期や夏に私が意識しているのは以下の2点です。

  • 少しでも汗をかかないようにする
  • 汗をかいたらすぐに対策する

まず無駄な汗を少しでも減らすようにしてみましょう。

かかなくてよい汗なら減らすことで少しでも体臭軽減になりますからね。

なるべく汗をかかないようにする

一日中エアコンの効いた部屋にいて下さいという意味ではありません。

それではかえって不健康で身体に悪いので、あくまで不必要な汗の量を減らすという意味です。

寝汗を減らす

夏の暑い日は朝起きた時点で汗かいてますよね?

夏の熱帯夜はなかなか寝付けず、パジャマも汗でビッショリになります。

朝起きてTシャツの下着をかいでみるとすでに汗臭いですもんね^_^;

まず寝汗対策として、エアコンや扇風機を使用するのはもちろんですが、使い方によっては寝冷えしたり風邪を引いて体調を崩してしまいます。

私はエアコンは使わず扇風機をタイマー設定し、ベランダ横の窓を開けて窓際で寝ています。

布団(ベッド)を敷いている場所が窓から少し離れているので、風がなかなか入ってこないんですよね。

そこであえて窓際に寝ています。すると意外に風も入ってくるし寝やすくなります。

また布団の上にゴザを敷いています。これだけでもヒンヤリして全然違いますよ!

布団に敷く冷却マットやジェルマットなどもあるので使って見るのも良いでしょうね。

少し工夫するだけで寝つきもよくなり、寝汗も防げ、体臭対策になります。

発汗性のある食べ物は控える

唐辛子や香辛料の含まれた物、辛い食べ物はどうしても汗をかきやすくなります。

タンパク質や脂質を多く含む食品も汗をかきやすいといわれます。

一方、トマトやきゅうりなど身体を冷やす効果のある食べ物もありますが、個人的には意識し過ぎて偏った食事になるのも如何なものかと思います。

私の場合、午後から人と会う時など仕事の事も考えて、カレーやラーメンなど汗をかきそうな食事は状況に応じて控えるようにしています。

汗だくになりながらのラーメンもうまいんですが、そこはケースバイケースということで。

綺麗な女性と仕事をする場合はソーメンや冷やし中華など涼しくなる食べ物でなるべく汗をかかないようにしてます^_^;

毎日考えてたら大変なので臨機応変にバランス良く食事して下さい。

汗をかきそうな作業は後回しにする

例えば重い物を運んだり納品する場合とか、汗をかきそうな作業で後回しにできるものは朝ではなく午後からや夕方に行います。

午前中に汗だくだと体臭を放つ時間も長くなります。

午後からや夕方の方が午前中より家に帰るまでの時間が短いので、臭い匂いを嗅がれるリスクは少なくなります。そうした方が少しでも良いですよね。

また健康や節約のために運動で朝バスや電車を使わずに歩く場合も、出勤時でなく帰宅時に歩くに変えた方が、後は家に帰ってお風呂に入るだけなので、その方が良いでしょう。

涼しい服装にする

クールビズを行っている企業さんも多いので、ネクタイを取ったり、ポロシャツになったりなど暑さ対策されているところも増えてますよね。

逆にスーツなんか着ていたら見てるこっちまで暑くなります(゚o゚;;

制服や洋服の自由が効くなら当然長袖より半袖を着ます。

洋服の素材も熱がこもりやすいナイロン生地の物より、風通しの良いリネンやメッシュ素材の物を着たり、汗を吸ってくれて乾きやすい物だったり、臭いを抑えるインナーもあるので使ってみて下さい。

靴下も生地の薄く通気性の良い物がありますので、夏場はそちらを履いた方が足クサは軽減されます!

あとサイズもきつめだと締め付けたり、圧迫で熱を持ち暑くなりますので緩めの物を着て下さいね!

首や脇を冷やす

首周りや脇の下、あと手首には大きな動脈が通っています。

そこを冷やすと自然と体温も下がり汗も引いて来ます。

私がよくやるのは扇風機や車のエアコンの風を脇に当てるんです。すると脇汗もすぐに引き、涼しくなってクールダウンできます( ^_^)/

保冷剤や濡らしたハンカチやタオルを首に当てたり脇の下に入れておくだけでも効果ありますよ。

汗をかいたら放置せずにすぐに対処する

タオルで汗を拭いている男性

夏の体臭対策で1番重要なのは汗をそのまま放置しないことです!

汗自体は無臭でも、そのまま放置しておくと皮脂や汚れで雑菌が繁殖して女性からも嫌われるあの臭いを発します。

そのためなるべく早めに拭き取る、着替えるなどの対策が重要なんです。

朝起きて寝汗がひどい場合は、シャワーを浴びます。時間後ない場合は、濡れたタオルでしっかり汗を拭き取り、肌がベトベトしないようにして、下着も着替えます。

日中の汗対策は、タオルやハンカチ、ウェットティッシュなどで拭いて肌を清潔に保つことです。

下着や肌着が濡れるくらい汗をかいたら着替えて下さい。

汗をかいたままの状態が1番体臭や臭いの原因になるのでそこだけは気をつけて下さいね。

これを意識するだけで暑い夏も乗り切れます。

今までの私の1日は、

  • 朝起きた時点で寝汗をかいている
  • そのまま仕事に出勤
  • 日中も外回りで汗だく
  • 汗はハンカチで拭くだけ
  • 着替えはせずに家に帰るまでそのまま
  • 帰ってお風呂に入る
  • この繰り返し

今考えたら朝仕事始める前から体臭がきつくなるのが分かります^_^;

毎朝満員電車に揺られて出勤している方、歩いたり自転車通勤の方、会社に到着するまでに汗だくになってませんか?

これじゃ人に臭いと思われても当然かなって思いますね。

暑い時期の現在は、

  • 朝起きて汗をかいていたらシャワーを浴びる
    時間がないときは体を拭き下着も着替える
  • 体臭予防のクリームを塗って出かける
  • 日中こまめに汗を拭く、酷い場合は着替える
  • 家に帰ってきちんと頭や首回りを洗う

最後のお風呂できちんと洗うってのもかなり重要です!意外とちゃんと洗えていない人って多いんです!

この他にもこちらの記事で紹介しているように普段の生活習慣も改善するようにしています。

36歳の私が実践している3つの体臭対策!
どうも。 体臭ケアを心がけ、臭わない男になってきた「もとくさお」です! こちらの記事で30代男性特有のミドル脂臭の原因を紹介しました。 この原因を元に

とにかく汗を大量にかく夏場は、体臭に気を使って下さい。

臭い男は女性に嫌われます。

それ以前に人と接する場合のエチケットとして、最低限の臭い対策は行いましょう。

暑くても香る夏男になるよう一緒に頑張りましょう!