30代男の体臭ケア

自分の臭いが気になりだした30代男の体臭改善サイト

*

冬だからこそやっておきたい体臭対策!

冬景色

暑くて汗を多くかく夏より寒い冬の方が体臭が気になることありません?

急に寒い外から暖房の効いた暖かい部屋に入ると、暑くて上着を脱いだ瞬間とか服の首の部分をパタパタした時、ネクタイをはずした時など、脇汗の臭いとかモワッとすることありますよね?自分で脇を嗅いでも確かに匂うと思います。

でも実は冬になると体臭がきつくなるのは自然なことなんです。

ということは、満員電車やエレベーター内で人が密集していると、自分だけでなく相手にもその臭いが伝わっている可能性は大です。

自覚症状があるなら他人も気がついていると思った方がいいですね。特に女性は男性の匂いには敏感で臭いのを本能的に嫌いますから気をつけた方が良いです。

約8割の女性が臭い男は嫌いになるそうです!
どうも。 30歳頃から自分が臭いと感じ出し、今は体臭ケアをしている@36歳もとくさおです。 これまではよく家に帰ったら妻に汗臭いって言われていました〜!

逆に清潔感のある香りの男性は女性に好まれます。

4割の女性が男に胸キュンする5つの匂い! 
どうも。 体臭には人一倍気を使っている30代男です。 マイナビを見ていたら2度見してしまったニュースがありました(o_o) なんと約4割の女性が男性の匂い

今回はなぜ冬なのに体臭が臭うのかその原因と対策を紹介するので、チェックして下さいね。今回は冬の話ですが、季節関係なく食事や運動など普段の生活改善もあわせてやっておきましょう!

36歳の私が実践している3つの体臭対策!
どうも。 体臭ケアを心がけ、臭わない男になってきた「もとくさお」です! こちらの記事で30代男性特有のミドル脂臭の原因を紹介しました。 この原因を元に

モワッと臭い男子にならないように気をつけましょうね!

【sponsored link】

夏より寒い冬の方が体臭がきつくなる原因

冬服を着て寒がっている男性

なぜ汗だくになる夏より寒い冬の方が体臭が気になるのか?また臭うのかその原因を紹介します。

通気性の悪い服のせいでワキ汗など臭いがこもるから

夏は大体Tシャツ一枚とか上にもう一枚シャツを羽織って着ても二枚くらいですよね。
しかも袖やワキの部分が大きく開いているデザインの洋服が多いと思います。暑いので通気性が良く涼しい衣服を着るのは当然です。

逆に寒くなると肌着の上に長袖のシャツやトレーナーを着てその上コートやジャンバーなど上着を着ますよね?

もちろん洋服の素材も空気を通さず通気性の悪いものがほとんどだと思います。そうしないと寒いんで当然です。

その状態で汗をかいたら臭いがこもります。Tシャツや通気性の良い洋服だったらその汗臭さも外に逃げて行くのでこもらずに気になりませんが、冬服だとそうはいきません。タートルネックのシャツなんかは首下までスッポリですからね!

こもった臭いが上着を脱いだときなどに一気に流れ出てくるので臭さを感じるんです。

つまり体臭の逃げ道が無いんですね!

例えばオナラでもそうです。普通にするより、にぎりっ屁の方が手に溜めた分臭いがこもるので臭いですよね。それと一緒の事です(笑

実は夏より冬の方がカロリー消費しやすく汗をかきやすい

夏の方がいっぱい汗をかくし、ダイエットなんかにも向いている気がしますけど、実は冬の方が基礎代謝(消費するエネルギー)が高いんです。

そのため汗の量も多く体臭の原因になるリスクも高まるということです。

意外ですよね?おそらく逆だと思っている人がほとんどじゃないですか?

でも考えてみると、運動した後とか寒い外気に触れている顔や他の体の部分より、外気に触れていない脇などの方がいっぱい汗かいてますよね?

それが体臭や脇汗の臭いの原因なんです。

冬は夏に比べて汗臭い状況が少ないため気になりやすい

これは体臭そのものの原因ではありませんが、匂いに気づきやすい状況が冬の方が高いということです。

どう言うことかというと、夏はみんな汗をかくことが多いので自分だけでもなく周りも体臭を引き起こしている可能性が大きいです。

そのため自分の体臭も気になるので人の事はそこまで気になりにくいということです。
満員電車内とか夏は汗臭かったりしますよね?

でも冬はオフィスでも電車でもエレベーター内でも基本的に汗臭い状況って少ないですよね?

なので急に脇や体臭の臭いがすると際立って気づきやすい、気づかれやすいということです。

冬の体臭を改善する方法

オッケーサインを出しているおじさん

これらの原因を見てみると夏だけじゃなく、冬だからこそ体臭対策をしっかりやっておかないとまずいことが分かりますよね?

以下の項目をしっかりチェックして予防しましょう。

蒸れにくく臭いがこもりにくい洋服を着る

通気性が良く臭いがこもりにいく冬服って自分のクローゼットを見ながら考えたんですが、なかなか無いですよね!

だって寒いんだから少しでも暖かい素材の物を買うのは当たり前です。

じゃーどうするか?

下着や肌着を通気性の良い綿やコットンにするのがお勧めです。
あとカーディガンとか羽織る物でもコットン素材の物ありますよね。

あと編み目の荒い物の方が風を通すので通気性は良くなり蒸れも軽減できます。

しかし一つリスクがあって、通気性が良いという事は風を通すので寒くなります!ガーン!(゚o゚;;

なので私は肌着は通気性が良く汗も吸い取りやすい綿素材の物を着て上着やジャケットなどは特に気にせず今まで通りの物を着てます。
それだけでもずいぶん臭いが改善されますよ。

また足臭が気になる人は足が蒸れにくい靴下や靴を選んでくださいね!

部屋に入る前に上着を脱ぐ、パタパタする

私が実践していることを紹介します。

やはり通気性の良い肌着を着ていても、その上に着ている洋服で密封されていたら、上着を脱いだ瞬間にモワッと臭います。

なので、人混みの中では暑くても洋服をパタパタしない!

オフィスやお店に入る前には上着を脱いでパタパタして汗臭さを拡散させるようにしてます。
そうすることでいきなり蒸れた汗臭さを嗅がせずに済みます。

制汗スプレーや体臭クリームを使う

制汗・消臭スプレーって汗のかきやすい夏だったら、体臭予防策として当たり前にやってますよね?
だけど冬になると何故かしない。

でも逆で、冬だからこそ制汗スプレーや体臭クリームを使ってください。
だって冬の方が体臭がきつくなることが多いんですから。

私は夏に持ち歩いている着替えの予備は寒いのでさすがに持ち歩いていませんが、体臭対策のクリームとかは持ち歩いています。

これだったら外出先のトイレとかでサッと塗れるんで便利です。
カバンに入れててもかさばらないので、エチケットとして持っておくべき!!

日中の体臭対策クリーム

いくらお風呂でキレイに洗っても、日中大量に汗をかくとどうしても体臭がきつくなってきます!朝出かける前、日中臭いが気になりだした時にサッと塗れる体臭対策クリームです。カバンに1つ入れておくと安心ですよ!

デオドラントバーム

実は寒い冬こそ体臭対策をしておかないと職場の人や周りに嫌われますので、しっかり意識していきましょう!